SUPERMUZAK Co., Ltd.
Top
Works
Composers
Ceremony
Mixer & Studio
Management
Company
Links



SuperMuzak
スーパーミューザック

スーパーミューザックは、CM音楽、CD原盤制作、映画音楽、各種BGMなど、あらゆるジャンルの音楽を制作しています。またレコーディングエンジニアのブッキング、音楽スタジオ構築に関するアドバイス業務も行なっており、最近ではアマチュア・ミュージシャンの自主制作コーディネートも始めました。作詞作曲家やアーティストの幅広い人的ネットワークで、多様化している音楽表現のニーズにお応えします。



News
最新ニュース

■ ザ・ラストショウ 40th Anniv.“Alligator Radio Station”




<日時>
2016年9月4日 開場16:30 開演17:30 原宿クエストホール

<詳細>
http://www.capital-village.co.jp/calendar/concert/2016041101.html






■ 花とアコギでNatural Style@丸の内タニタ食堂



<出演>
平田 隆 (FLORIST Mental フラワーデザイナー兼オーナー)
http://www.mental-87.jp/index.html

吉川忠英 (アコギスト) http://chuei-yoshikawa.com

南 修二 (タニタ食堂解説) http://www.tanita.co.jp/shokudo

<日時>
11月28日(金) 18:30開場 (18:45までにご入場下さい)

<料金>
¥4,500(夕食セット付) 50名限定

<ご予約・お問合せ>
メール : info@supermuzak.co.jp
件名 : 「花とアコギでNatural Style@丸の内タニタ食堂」参加希望
お名前/人数/緊急連絡先お電話番号をご記入の上、お申し込みください。

・ご予約が完了しましたら、その旨返信いたします。
(送信後一週間以内に返信が無い場合は、申し訳ございませんが、再度お問合せください。)
・参加費は、当日入場時にお支払いいただきます。
・席数に限りがありますので、お早めにご予約をお願いいたします。
・規定枚数に達し次第、締め切りとさせていただきます。




■ 明治大学リバティアカデミー講座「日本のフォークソングとその時代 II」 2014年10月25日(土)から隔週で6回開講



 日本のフォークソングは、アメリカで生まれたフォークソングの影響を受け育まれました。今回の講座では、アメリカン・フォークソングの歴史を考察するところから始め、フォークソングがいかにその時代の事象と交差したかを、社会全体との関わりのなかで分析してゆきます。
 また今回は、3人のフォークシンガー/ミュージシャン、麻田浩、よしだよしこ、斉藤哲夫の各氏をゲストに迎え、各氏がアメリカのフォークソングからどのように影響を受け、自らの糧とし歌い続けてきたのかを、演奏を交えて語っていただきます。これはアーティストの側面から日本のフォークソング・シーンの一端を解き明かす試みでもあり、日本のフォークソングのリアルな歴史を知るカギとなるでしょう。

明治大学リバティアカデミー https://academy.meiji.jp/course/detail/1921/




■ スーパーミューザックの最新情報はフェイスブック、ツイッターでもご覧いただけます

フェイスブック - https://www.facebook.com/supermuzakinfo

ツイッター - https://twitter.com/infosupermuzak




■ 富士山世界文化遺産決定!「ありがとうふじさん」シングルCD好評発売中!

1. ありがとう ふじさん
2. こころのふるさと 〜富士山〜
3. ありがとう ふじさん (オリジナル・カラオケ)
4. こころのふるさと 〜富士山〜 (オリジナル・カラオケ)

日本の宝から世界の宝へ。富士山が世界を魅了します!

御殿場市在住のシンガーソングライター西島三重子が、「富士山」をテーマに新曲をリリース。
世界文化遺産に登録された富士山への想いを編み上げた珠玉の2曲。

2013年8月9日と10日夜、富士山8合目「赤岩八合館」ライブ、11日朝10時から11時頃、7合目テラスライブ予定。



■ 西島三重子シングルCD「池上線ふたたび」メロディーレコーズより11月7日リリース

1970年代を代表するフォーク歌謡のヒット曲「池上線」が蘇る! 西島が「あの時に伝えたかった恋心」を池上線を舞台とした情景と共にメロディに乗せ、36年(2012年時)の時を経て切なく歌い上げた楽曲。西島と門谷憲二のゴールデン・コンビが贈る必聴盤。



■ 西武池袋本店の新名所「光の時計」の音楽を担当

西武池袋本店の新名所「光の時計」の音楽を担当。柱を覆う11000個のLEDが時間ごとにグラフィカルに動き、時を告げる音楽が流れます。トータルアートディレクションは廣村デザイン事務所、光の演出は中村勇吾氏、音楽は高橋幸宏氏に依頼しました。(2010年6月)



当サイトの著作権はスーパーミューザック株式会社に帰属します。無断転用を禁じます。
Copyright (C) SUPERMUZAK Co., LTD. All Rights Reserved.